« 初始動 | トップページ | 映画 『チェケラッチョ!』 »

2006/04/22

ドライブレコーダー

Doraneko1Doraneko2

業務用でタクシー等で実績をあげている(交通事故の決定的映像)ドライブレコーダーが一般向けに開発され市販されたので付けてみました。どら猫2です。テストするために、段差を少し乱暴に通過してみたところ、衝撃を検知し、自動録画を開始しました。段差を超える前の15秒と越えた後の5秒が見事に録画されてました。事故処理のため、というのではなく、第三者の目があるという意識を持って、交通安全のために使おうと思います。

取り付け位置は、運転者からバックミラー越しに見えない位置と何トカ法で定められているということで、この位置しかありません。上半分が見えますが、ガラスの日よけ面(少し色が付いている)上なので、そこは問題にならない場所だそうです。

|

« 初始動 | トップページ | 映画 『チェケラッチョ!』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86721/9711856

この記事へのトラックバック一覧です: ドライブレコーダー:

» ドライブレコーダー導入動機 [【ALIVE★リスクリサーチ】保険って必要なの?]
物流ウィークリー・物流と運送、ロジスティックスの総合専門紙 物流・トラック業界の総合ビジネス専門紙 『物流ウィークリー』2006年 3月13日号 NO.955(3PL改革特集号) 【運転者を守る ドライブレコーダー全車両へ 「自社のドライバーは自分で守る。そのため、ドライブレコーダーを全車に装備する」 「交通事故ではトラックが悪者扱いになるケースが多いが、営業トラックの場合、実際には先方の不注意... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 04:52

« 初始動 | トップページ | 映画 『チェケラッチョ!』 »