« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007/01/29

エピレーシック&PRK体験記 ~2W検診~

2週間目検診に行ってきました。左1.5右0.9でした。右そんなに出てるの?って感じ。それもそうで、左がよく見えるので、左右差を感じるので、まだ違和感があります。検診では、傷口が盛り上がって少し白濁しているとのこと。自覚症状は無いんですけどね。次は1M(1ヶ月)検診です。

| | コメント (2)

2007/01/20

エピレーシック&PRK体験記 ~再手術9日目~

今日1週間検診(実際は9日目です)行って来ました。左1.5で右0.7がかろうじて…です。PRKやエピのような上皮を除去する術式では1週間じゃこんなもんでしょう。今日の診察は女医さん。保護コンタクトは外れました。サンペタゾンをちゃんとしてください、といわれたんですけど、ちゃんと処方の通りにやってるんですけど・・・。サンペタゾンは炎症防止だから、少し炎症でも起こしていたのかな?何も言われてないんで、たいしたことはないんでしょう。次回、1週間後に予約いれました。

私より半年くらい後ですけど、似たような方の体験記を見つけました。凄くよく書かれているので、再手術した私にとっても、情報元として参考になります。エピもPRKも経過は似ているのでね・・・ http://epilasik.livedoor.biz/

| | コメント (0)

2007/01/16

エピレーシック&PRK体験記 ~再手術5日目~

白濁が気になっていたんですが、だいぶスッキリしてきました。視力は翌日0.4→3日目0.08→今日5日目で自宅の簡易視力表で見ると0.5くらいかなぁ。想定していた以上の起伏状態ですが、段々回復している感じがします。さすがに左1.5で右0.08だと両目で見ていてもガチャ目で違和感があったんですけど、そういう感じはだいぶなくなりました。保護コンタクトは装着しっ放しなんで、その点の軽い違和感程度でしょうか。コンタクトをしなくなってから1年が経過しているので、こんな感じだったかなぁ、って思い出してます。忘れずに目薬を忘れずに今日も1日、目をなるべく休めながらガンバリマス。次回は1週間検診なんですけど、上京の都合で2日程延ばして今週土曜日の午後に予約を入れています。その時に状態が良ければ保護コンタクトが取れます。

| | コメント (0)

2007/01/15

エピレーシック&PRK体験記 ~3D検診~

以前は1~3日目まで毎日検診が必要でしたが、2日目検診が無くなり、昨日3日目検診に行って来ました。左目は1年を超え、昨日の視力検査では1.5で、一時出ていた白濁も無くなり、もう大丈夫ということでした。右目は手術翌日検診で0.4でしたが、昨日は0.08、随分下がってしまいました。エピやPRKは角膜上皮が再生するまで視力の変化があり、回復もゆっくりなので、目をなるべく休ませながら、様子を見たいと思います。少し白っぽく見えるので、白濁もあるのかな。いずれにしても様子見ですね。

冷凍が必要な血清点眼(自分の血液で作成)は、上京中は冷凍設備を用意出来ないため、3日目検診の時に採血し、40分程待って作りました。保護コンタクトは、まだ上皮の状態が不安定ということで、次回の検診まで装着しっ放しになります。またしばらくは感染予防のクラビット、炎症予防のサンベタゾン、上皮再生のための血清点眼を毎日決められた回数点眼することになります。プールも最低1ヶ月は入れないので、汗が目に入らないように注意しながら、当分はマシンジムで運動しようと思います。術後1週間は、無料でもらえる保護めがね(度が入ってない普通のメガネ)をして、ゴミが入ったり手が当たったりすることを防止します。日中の屋外ではサングラスでもいいですねー。

私の周りには海関係のスポーツをやっている人が多く、レーシックに関心ある人が多いのですが、たとえば術後の目を痛がっている姿を見られると、痛いんだぁ~って思われるみたいですけど、術法に因るってことを伝えておきますね。角膜は目の表面のわずか0.5mm程度であり、何層かあるんですが、簡単に言えば、表面の上皮(皮膚のように再生する層)と内側の再生しない層に分けられます。再生しない層にレーザを照射して屈折率を調整するのが近視矯正手術になります。水晶体を削るとか思っている人もいましたけど、そんな中の話じゃないです。

上皮を取らず、角膜を厚めにめくって照射して、めくった上皮を戻す手法のレーシックは、傷跡は残りますが痛みは無く、視力もすぐに出ます。傷跡は通常の生活ではずれることはありませんが、格闘家や球技プレーヤーなど、目に衝撃が当たる可能性がある人はエピレーシックやPRKを薦められることになります。エピレーシックは上皮を専用の刃でカットして除去し、あとはレーシックと同様にレーザを照射します。PRKは上皮もレーザで焼いて除去する方法で、再手術やレーシックやエピレーシックが出来ない方(まぶたが小さすぎて上皮をカットする器具が装着できない方も含む)は基本的にPRKになるようです。レーシックは自分の上皮でふたをするので痛みがないんですが、エピやPRKは上皮を除去してしまって、再生するまで待つので、人によりますが数日はしみる様な痛みと異物が入ったようなゴロゴロ感があります。私の場合(再手術時)は当日はあまり痛みが無かったんですが、翌日~2日目はしみる痛みが出てきて少しつらかったです。でもエピの時よりはひどくなかったです。3日目にはすっかり痛みは無くなりました。視力の回復も、上皮の再生と共に変化するので、1~数ヶ月かけて段々に良くなることになります。3ヶ月で上皮はだいたい再生し、6ヶ月で完全に生まれ変わるんだったかな。数日の痛みとゆっくりの回復さえ超えれば、レーシックのように傷跡(ふた)は再生されるので、丈夫な目が戻るわけです。どちらも一長一短ですけど、レーシックでも目を擦ったくらいじゃフタがずれることはないそうなので、普通の人はレーシックが出来ればそれが適かもしれませんね。私のように、角膜の厚さは通常でも、視力や乱視が強い場合は沢山レーザで削ることになるので、フタにする一部分も使わないとならないため、レーシックは選択できないわけです。

ということなので、誰もが術後痛くて・・・というわけではないので、興味があればまず事前検査に行かれてみてはどうですか? 神戸クリニックでよければ紹介しますし(多少安くなります)、どこのクリニックであっても、自分で安心安全を納得できることろならいいと思います。ただ、メガネやコンタクトで満足しているなら、レーシックをする必要はないということです。なお、コンタクトをしたまま海(海水)に入ることは、自覚症状がないまま塩の結晶が目の細胞に多大な悪い影響を及ぼしているので、海から上がったらコンタクトを外して洗って新しいものを付けるなどして対応するのがいいかもしれません。コンタクトは用法をきちんと守っていないと、目には決していい矯正方法ではないので、過信しないほうがいいです。コンタクトの使用状態が悪くてレーシックできない人もいます。

長くなりましたが、参考になればと思います。これまでの体験記もこれから書くことも、あくまでも素人の私が手術を受けるために見たり聞いたり検診で相談したりして知った情報をメモ代わりにブログに綴っているものです。最終的な見解は医師に相談してくださいねー。

レーシック専門視力矯正クリニック【神戸クリニック】東京・神戸・小倉

| | コメント (0)

普通救命講習AED付き~2005ガイドライン~

2007113

目の再手術から2日目、痛みが強い場合はドタキャンというお願いを快諾いただき、何とか参加することが出来ました。なかなかこういう機会は無いので、参加したかったんです。ただ、まだ目の痛み(玉ねぎを目の前にずっと吊るされているような感じ)で、講習に集中する以外、メンバーのみんなとご挨拶したり交流したりする気力が出ず、ごめんなさい。

2005ガイドラインでの講習は初めてだったので、なんと簡易化されたことか・・・。これらは一般の方に教えるときに参考になるわけですが、以前の方法も決して悪いわけではないということなので、脈の確認や循環サインの確認など、省略された内容は+αとして活用していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/11

エピレーシック&PRK体験記 ~再手術の巻~

今日は右目の再手術をしてきました。経過は順調です。両目のエピレーシックを1年超前にやって、左目は1.2平均ですが、右目は0.5~8程度にしか上がらず、検査の結果、再手術で改善される可能性は高いということで踏み切りました。利き目は右目なので、右目の方がいい方が疲れないし、大型免許で片眼0.8以上という条件がぎりぎりなので、生活には支障はないけれど、いろんなことを総合的に考えて決めました。神戸クリニックの生涯保障制度により費用はかかりません。

エピレーシックもPRKも角膜上皮を除去して、その内側の再生しない角膜層にレーザを照射するわけですが、エピは刃で上皮を切ってめくりますが、PRKはレーザで焼きます。再手術の場合、上皮の形成状態により、PRKになるということで説明を受けました。どちらも経過的には同じようです。

エピレーシックでは眼球に機械を吸いつけて専用の刃でカットしますが、その吸引が非常に違和感があって嫌でした。レーザ照射よりもその前段階が・・・。今回のPRKは眼を開いて固定する器具はつけますが、あとはレーザを照射するだけです。でも、上皮を除去するためのレーザが違和感があって嫌でした。痛いっていう感じよりは、パチパチと変なしみる感じというか、なんとも言い様がないんですけど、長く感じました。そして先生が上皮を綺麗に除去して洗浄し、いよいよ矯正レーザ照射です。今回は微調整なので10秒程度。でも、なかなか1点を見つめるのが、エピの時よりもつらかったかなぁ。赤い点を見て!って何度も言われちゃった。でも無事終了。その後の検診でも、正常ですということで安心しました。あとは視力回復を祈るばかりです。手術直前にはずっと看護士さん?が付いていてくれて声かけてくれているので、緊張も和らぎました。2度目の方が、いろいろ知っているんで、逆に緊張する感じもありましたけど。知らない方がいい体験も、逆にいいのかもしれませんよ。

今回は左目は見えてるし、歩行は楽でした。でも、思ったより右目のしみる感じが術後強くて、なんだかんだで3時間くらい暗室で横にさせてもらいました。だいぶ落ち着いてきたので、ホテルに戻って目を休ませました。寝ているのが一番の薬ですからね。意外にいまあまり痛く(しみる感じ)ありません。このまま行ってくれるといいけど、エピの時は翌日が一番痛くて、痛み止めを使ってしまったほどでしたから。照射が少しであっても、上皮を除去するのは同じなんで、痛みは変わらないと思いますといわれましたけど、1~2日で痛みが無くなる人もいれば、4日くらい続く人もいるので、その時々の状態次第ですね。このままゴロゴロ感が少なく済めばいいなぁ。

ところで、前日の検査の時には、瞳を広げる目薬をさしてないのに、点したことになっていて待たされたり、今日は、PRKなのにレーシックの説明書を渡されたりと、細かいミスが目立ちました。この前の友人のこともあるし。研修の方も多く見受けられますが、誰でも最初から完璧なわけではないわけで、こういうことを繰り返さないように勉強してもらえればいいかなと思います。

エピもPRKも、上皮再生すればレーシックのように傷跡が残らないので、少しの我慢です。回復には数ヶ月で徐々に回復するので、6ヶ月経過が目処(目薬がなくなる予定)なので、この夏までにはと期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/01

謹賀新年

2007

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくおねがいします。

年末年始は自宅で仕事しながらのんびり過ごします。
いま、今年の万座ビーチオープンウォータースイミング大会の公式ホームページを制作中です。
ぜひみなさん参加しに来てくださいねー。

万座ビーチオープンウォータースイミング

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »