« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007/02/24

ディパーテッド

ディパーテッド観て来ました。ワイドショーでおすぎがいいって言ってたんで。メンズデー1000円!最後はこういう展開かよ!って感じで、まぁまぁ楽しめました。

| | コメント (0)

2007/02/18

エピレーシック&PRK体験記 ~1M+1W検診~

前回1ヶ月検診時に眼圧が高かったので、状態を確認するために1週間後の今日、検診に行って来ました。左1.5右1.2、視力的にはまぁまぁな回復。でもまだ見え方は左クッキリ右ぼやけながらの1.2。角膜上皮が生え変わる3ヶ月を目処にがんばります。眼圧は正常値に戻ってました。が、ステロイド系の点眼薬で眼圧が高くなりやすいみたいなので(でもエピの時は問題なかったのになぁ)、ミロルも続けることに。クラビットを中止して、成分は同じだけど弱めの抗菌剤「ベガモックス0.5%」が初処方。あとはフルオメトロンとヒアロンサン。

プールも解禁になりました。できればゴーグルした方がいいんですけど、飛板飛込の練習を再開するんで、キャップもゴーグルも要らないんで、終わった後にベガモックスで殺菌すればいいでしょう、ということでした。よかった。ちなみに今日は女医さん。次回は1ヵ月後です。

あ、行きの電車の中で斜め前に小田晋さん発見。犯罪心理学者としてTVによく登場しているので見覚えがあると思いきや、"小田"と書かれた書類を持っていたので確定!

レーシック専門視力矯正クリニック【神戸クリニック】東京・神戸・小倉

| | コメント (1)

2007/02/13

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式

Bubble

観て来ました。結構面白かったです。バックトーザフューチャーの日本版のような!?感覚。ドーハの悲劇→英雄って?観てのお楽しみ。バブル崩壊って、本当にあんな一部の人たちの利益のために作られたものだったのでしょうかねー。本当だったりして。1990年代、なつかしー。

| | コメント (0)

2007/02/11

エピレーシック&PRK体験記 ~1M検診~

リオペ(再手術)1ヶ月検診に行ってきました。左1.5右0.9ですが、一見いいように思いますけど、右の視力は出ていても見え方はぼやけてます。まだ角膜の状態が途上で濁りがまだあるということで、それを治療していくことで見え方もよくなっていくんだと思います。今回、右目の眼圧が高くなっていました。これはサンベタゾン点眼薬の副作用だそうです。それよりも弱めの、濁り治療のためのフルオメトロン点眼薬に切り替わりました。同日、風呂でちょっとのぼせて立ちくらみしたときに、右目が一時見えなくなりました。どんな感じかというと、レーシック(またはエピレーシック)で眼球にピタっと吸いつけて固定する器具をつけたときに、圧迫されるにつれて視力が一時なくなり見えなくなる感じに似てました。たぶん眼圧が一時的に上がったんでしょう。ちゃんと治療しなくちゃ。ということで、眼圧を下げる点眼薬「ミロル」が追加されました。眼圧値を測定するために1週間後に診察することになったので、来週も行かなくちゃ。

| | コメント (2)

2007/02/01

映画の日は1000円!

ちゅーことで、「どろろ」と「あなたを忘れない」を観てきました。後者はポイント集めてるTOHOシネマズでやっていなかったのでインターパークのMOVIXへ。

「どろろ」は俺が小さい頃からファンだった手塚治虫原作。存在は知っているものの、マンガは読んだことありませんでした。なぜなら、昔から歴史とか時代物は好きではなく、学校の歴史の授業も赤点ギリギリなくらいに嫌いで・・・。日本の歴史上の人物とか、一般常識もないと思います。話がずれましたー。なるほどこういうストーリーか。手塚先生らしい。続編が出てきそうな終わり方だ。(笑) まぁまぁ楽しめました。

「あなたを忘れない」は、新大久保駅で線路に落ちた日本人を助けようとして、日本人カメラマンと共に亡くなった韓国人青年の実話を元に再構成されたフィクション。交通事故に遭って、韓国人と分かると一転、彼が飛び出してきたなどと言って因縁をつけてきたタクシー運転手の話は本当らしい。映画では彼女は日本人の設定。徴兵、ギター、自転車、夢、以外は恐らく映画用のストーリーだろう。最後に何が待っているか知っているだけに、親子の会話など、何気ないシーンでジーンときてしまう感動の映画でした。

先週は「それでもボクはやってない」を観てきました。痴漢冤罪の実話を元にした映画ですが、裁判制度の問題点を深くえぐった作品でした。警察、検察、裁判官にも、人間の醜い部分が…。民間人が裁判官と一緒に裁判を行う裁判員制度ももうすぐ始まると思いますけど、クジで当たって参加してみたい。この映画をみて司法制度の汚いところを見てしまったし、俺の性格から言えば、一緒に参加する裁判官にその辺をチクチク言いそう、っていうか言いたい。でも、ひとり仕事なんで実際はお断りすることになっちゃうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »