2007/07/14

エピレーシック&PRK体験記 ~6M検診~

PRK再手術から半年が経過しました。左右ともに1.5でした。検診担当は執刀の澤井院長。澤井先生が一番話しもしやすいし、余談を交えながら丁寧に説明してくれるので安心感があります。傷やクモリもなく良好のようです。次回の検診は半年後になりました。目薬もなくなり、清涼感を求めるような市販の目薬を使っても良いとのこと。いよいよ完成期に入ってきました。そうそう、プールの目洗いは、目医者から言わせると、手術したしないとかに関係なく目に刺激が強すぎるので行わないようにということです。ソフトサンティアか洗面器に水入れて目をパチパチ程度が安全で充分だそうですよ。

次が来年になるので、通院記録をもらってきました。同じ病気(病気じゃないけど)で年を越えて通院しているものに関しては、現1年の年間費用に関係なく、継続して医療費控除の申請ができるので、それに関わった交通費なども申請できます。

| | コメント (5)

2007/05/29

エピレーシック&PRK体験記 ~4M検診~

両目とも1.5でした。今度は順調のようです。右目のみ、1日1回フルオメトロン。次は2ヵ月後になりました。

| | コメント (0)

2007/04/17

エピレーシック&PRK体験記 ~3M検診~

両眼とも1.5でした。最近、極近いものが見づらくなってきました。老眼ですねー。まぁ、近視矯正とは関係ないんですけど、視力がよくなったことで、老眼に気がつき易くなったということでしょう。よく、近視は老眼になりにくいといわれますが、本当は、老眼にはなるがそれにに気がつきにくい、というのが正解なようです。

右目のにごりも取れ、フルオメトロンを日に2回、ヒアロンサン適宜、になりました。ヒアロンサンは徐々にソフトサンティアに変えていったほうがいいということでした。

| | コメント (3)

2007/03/18

エピレーシック&PRK体験記 ~2M検診~

眼圧は下がったか!?聞くの忘れましたけど、何も言われなかったので大丈夫みたいです。で、視力は、左1.5、右1.5弱で、まずまず回復してきました。ただ、右目はニゴリがあるということなので(自覚症状はありません)、フルオメトロンを4回/日、あとは1日1回ベガモックスです。眼圧を下げるミロルは言われなかったんですけど、「ミロルは終了ですか?」って聞いたら、じゃあ1日1回もう少し続けましょうということでした。あれま。まぁ、そんなに気を遣うことはないということでしょうが、フルオメトロン使用で眼圧が高くなる可能性があるようなので、予防的な点眼だと思います。次は1ヶ月後です。

| | コメント (2)

2007/02/18

エピレーシック&PRK体験記 ~1M+1W検診~

前回1ヶ月検診時に眼圧が高かったので、状態を確認するために1週間後の今日、検診に行って来ました。左1.5右1.2、視力的にはまぁまぁな回復。でもまだ見え方は左クッキリ右ぼやけながらの1.2。角膜上皮が生え変わる3ヶ月を目処にがんばります。眼圧は正常値に戻ってました。が、ステロイド系の点眼薬で眼圧が高くなりやすいみたいなので(でもエピの時は問題なかったのになぁ)、ミロルも続けることに。クラビットを中止して、成分は同じだけど弱めの抗菌剤「ベガモックス0.5%」が初処方。あとはフルオメトロンとヒアロンサン。

プールも解禁になりました。できればゴーグルした方がいいんですけど、飛板飛込の練習を再開するんで、キャップもゴーグルも要らないんで、終わった後にベガモックスで殺菌すればいいでしょう、ということでした。よかった。ちなみに今日は女医さん。次回は1ヵ月後です。

あ、行きの電車の中で斜め前に小田晋さん発見。犯罪心理学者としてTVによく登場しているので見覚えがあると思いきや、"小田"と書かれた書類を持っていたので確定!

レーシック専門視力矯正クリニック【神戸クリニック】東京・神戸・小倉

| | コメント (1)

2007/02/11

エピレーシック&PRK体験記 ~1M検診~

リオペ(再手術)1ヶ月検診に行ってきました。左1.5右0.9ですが、一見いいように思いますけど、右の視力は出ていても見え方はぼやけてます。まだ角膜の状態が途上で濁りがまだあるということで、それを治療していくことで見え方もよくなっていくんだと思います。今回、右目の眼圧が高くなっていました。これはサンベタゾン点眼薬の副作用だそうです。それよりも弱めの、濁り治療のためのフルオメトロン点眼薬に切り替わりました。同日、風呂でちょっとのぼせて立ちくらみしたときに、右目が一時見えなくなりました。どんな感じかというと、レーシック(またはエピレーシック)で眼球にピタっと吸いつけて固定する器具をつけたときに、圧迫されるにつれて視力が一時なくなり見えなくなる感じに似てました。たぶん眼圧が一時的に上がったんでしょう。ちゃんと治療しなくちゃ。ということで、眼圧を下げる点眼薬「ミロル」が追加されました。眼圧値を測定するために1週間後に診察することになったので、来週も行かなくちゃ。

| | コメント (2)

2007/01/29

エピレーシック&PRK体験記 ~2W検診~

2週間目検診に行ってきました。左1.5右0.9でした。右そんなに出てるの?って感じ。それもそうで、左がよく見えるので、左右差を感じるので、まだ違和感があります。検診では、傷口が盛り上がって少し白濁しているとのこと。自覚症状は無いんですけどね。次は1M(1ヶ月)検診です。

| | コメント (2)

2007/01/20

エピレーシック&PRK体験記 ~再手術9日目~

今日1週間検診(実際は9日目です)行って来ました。左1.5で右0.7がかろうじて…です。PRKやエピのような上皮を除去する術式では1週間じゃこんなもんでしょう。今日の診察は女医さん。保護コンタクトは外れました。サンペタゾンをちゃんとしてください、といわれたんですけど、ちゃんと処方の通りにやってるんですけど・・・。サンペタゾンは炎症防止だから、少し炎症でも起こしていたのかな?何も言われてないんで、たいしたことはないんでしょう。次回、1週間後に予約いれました。

私より半年くらい後ですけど、似たような方の体験記を見つけました。凄くよく書かれているので、再手術した私にとっても、情報元として参考になります。エピもPRKも経過は似ているのでね・・・ http://epilasik.livedoor.biz/

| | コメント (0)

2007/01/16

エピレーシック&PRK体験記 ~再手術5日目~

白濁が気になっていたんですが、だいぶスッキリしてきました。視力は翌日0.4→3日目0.08→今日5日目で自宅の簡易視力表で見ると0.5くらいかなぁ。想定していた以上の起伏状態ですが、段々回復している感じがします。さすがに左1.5で右0.08だと両目で見ていてもガチャ目で違和感があったんですけど、そういう感じはだいぶなくなりました。保護コンタクトは装着しっ放しなんで、その点の軽い違和感程度でしょうか。コンタクトをしなくなってから1年が経過しているので、こんな感じだったかなぁ、って思い出してます。忘れずに目薬を忘れずに今日も1日、目をなるべく休めながらガンバリマス。次回は1週間検診なんですけど、上京の都合で2日程延ばして今週土曜日の午後に予約を入れています。その時に状態が良ければ保護コンタクトが取れます。

| | コメント (0)

2007/01/15

エピレーシック&PRK体験記 ~3D検診~

以前は1~3日目まで毎日検診が必要でしたが、2日目検診が無くなり、昨日3日目検診に行って来ました。左目は1年を超え、昨日の視力検査では1.5で、一時出ていた白濁も無くなり、もう大丈夫ということでした。右目は手術翌日検診で0.4でしたが、昨日は0.08、随分下がってしまいました。エピやPRKは角膜上皮が再生するまで視力の変化があり、回復もゆっくりなので、目をなるべく休ませながら、様子を見たいと思います。少し白っぽく見えるので、白濁もあるのかな。いずれにしても様子見ですね。

冷凍が必要な血清点眼(自分の血液で作成)は、上京中は冷凍設備を用意出来ないため、3日目検診の時に採血し、40分程待って作りました。保護コンタクトは、まだ上皮の状態が不安定ということで、次回の検診まで装着しっ放しになります。またしばらくは感染予防のクラビット、炎症予防のサンベタゾン、上皮再生のための血清点眼を毎日決められた回数点眼することになります。プールも最低1ヶ月は入れないので、汗が目に入らないように注意しながら、当分はマシンジムで運動しようと思います。術後1週間は、無料でもらえる保護めがね(度が入ってない普通のメガネ)をして、ゴミが入ったり手が当たったりすることを防止します。日中の屋外ではサングラスでもいいですねー。

私の周りには海関係のスポーツをやっている人が多く、レーシックに関心ある人が多いのですが、たとえば術後の目を痛がっている姿を見られると、痛いんだぁ~って思われるみたいですけど、術法に因るってことを伝えておきますね。角膜は目の表面のわずか0.5mm程度であり、何層かあるんですが、簡単に言えば、表面の上皮(皮膚のように再生する層)と内側の再生しない層に分けられます。再生しない層にレーザを照射して屈折率を調整するのが近視矯正手術になります。水晶体を削るとか思っている人もいましたけど、そんな中の話じゃないです。

上皮を取らず、角膜を厚めにめくって照射して、めくった上皮を戻す手法のレーシックは、傷跡は残りますが痛みは無く、視力もすぐに出ます。傷跡は通常の生活ではずれることはありませんが、格闘家や球技プレーヤーなど、目に衝撃が当たる可能性がある人はエピレーシックやPRKを薦められることになります。エピレーシックは上皮を専用の刃でカットして除去し、あとはレーシックと同様にレーザを照射します。PRKは上皮もレーザで焼いて除去する方法で、再手術やレーシックやエピレーシックが出来ない方(まぶたが小さすぎて上皮をカットする器具が装着できない方も含む)は基本的にPRKになるようです。レーシックは自分の上皮でふたをするので痛みがないんですが、エピやPRKは上皮を除去してしまって、再生するまで待つので、人によりますが数日はしみる様な痛みと異物が入ったようなゴロゴロ感があります。私の場合(再手術時)は当日はあまり痛みが無かったんですが、翌日~2日目はしみる痛みが出てきて少しつらかったです。でもエピの時よりはひどくなかったです。3日目にはすっかり痛みは無くなりました。視力の回復も、上皮の再生と共に変化するので、1~数ヶ月かけて段々に良くなることになります。3ヶ月で上皮はだいたい再生し、6ヶ月で完全に生まれ変わるんだったかな。数日の痛みとゆっくりの回復さえ超えれば、レーシックのように傷跡(ふた)は再生されるので、丈夫な目が戻るわけです。どちらも一長一短ですけど、レーシックでも目を擦ったくらいじゃフタがずれることはないそうなので、普通の人はレーシックが出来ればそれが適かもしれませんね。私のように、角膜の厚さは通常でも、視力や乱視が強い場合は沢山レーザで削ることになるので、フタにする一部分も使わないとならないため、レーシックは選択できないわけです。

ということなので、誰もが術後痛くて・・・というわけではないので、興味があればまず事前検査に行かれてみてはどうですか? 神戸クリニックでよければ紹介しますし(多少安くなります)、どこのクリニックであっても、自分で安心安全を納得できることろならいいと思います。ただ、メガネやコンタクトで満足しているなら、レーシックをする必要はないということです。なお、コンタクトをしたまま海(海水)に入ることは、自覚症状がないまま塩の結晶が目の細胞に多大な悪い影響を及ぼしているので、海から上がったらコンタクトを外して洗って新しいものを付けるなどして対応するのがいいかもしれません。コンタクトは用法をきちんと守っていないと、目には決していい矯正方法ではないので、過信しないほうがいいです。コンタクトの使用状態が悪くてレーシックできない人もいます。

長くなりましたが、参考になればと思います。これまでの体験記もこれから書くことも、あくまでも素人の私が手術を受けるために見たり聞いたり検診で相談したりして知った情報をメモ代わりにブログに綴っているものです。最終的な見解は医師に相談してくださいねー。

レーシック専門視力矯正クリニック【神戸クリニック】東京・神戸・小倉

| | コメント (0)

より以前の記事一覧